園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2021.10.20

ありがとう ・・・年少児

 

朝の荷物の時間。

いつもは、さっさっと自分で終わらせているKくんが、

「手伝って~。」

と言ってくる。

お、これは、手伝ってやらないかんなと、

「いいよ~。」と快くお受けする。

 

ちなみに、彼は、してもらって当たり前という態度が、

基本路線である。

そこで、礼儀を教えることにした。

「はい。ありがとう。(といいましょう。)」

というと、黙る。

「あれ?

ありがとうは?

人に何かをしてもらったら、ありがとうって言うのよ。」

 

ブス。

 

「なに。

ありがとうって言うがで。

言わん?」

 

「うん。」

 

「何を!」

 

「言わんも~ん。」

 

「よし。

もう、Kくんのことは手伝わん。」

 

の、後日。

 

「手伝って~。」

とKくん。

「いいよ~。

ありがとうって、言うやったら手伝います。」

 

「ありがとう。」

 

「まだ、やってないし。」

 

子どものすてき。