園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2021.11.30

うんちじゃない ・・・年少児

 

職員室によく遊びに来るMちゃんとKちゃん。

なぜか、私の机の下に潜る。

すると、なんか、ぷ~んとにおってきた。

 

「ん?だれかウンチした?」

とKちゃんを見る。

「おなら?」と尋ねると、

「うん、おなら。」

といい、

 

「うんちじゃないよね、

おならよね。」

 

と潜っているMちゃんに言い、

 

「そう、おならよね。」

とMちゃんが答え、

 

「うん。おなら。」

「おならよね。」

 

と、そんな間違いせんとってくださいね、

トイレの失敗してませんしね、

とばかりの共感ぶりであった。

 

トイレ事情が身近な3歳児のすてき。