園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2021.12.10

いたちごっこ ごめんよ ・・・年長児

 

さて、そういうわけで、イバラの量が増える。

そうすると、流石に登れない。

ざまぁみそづけ。

 

それを見て、第3者の仲間たちが外す。

妙な正義感であろう。

当事者は、刺がこわくて、外せない。

 

そこで、外そうとするNくんとTくんに、

「これ外さんとってくれる?」

「これ外さんとってくれる?」

「これ外さんとってくれる?」

 

と三連発し、

 

「これ、クリスマスの飾りやしっ!」

 

というと、Nくんは、「うそやし~。」と言っていたが、

Tくんはしっかり、

「あれ、クリスマスの飾りながやって!

取ったらいかんがで。」

と言ってくれていたそうである。

 

ごめんよ・・・。

 

じゃぁ、クリスマスが終わったら?

節分で鬼を撃退するためのもの、

ということにしよう。

 

いたちごっこのすてき。