園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2014.09.30

してくれよ!・・・年長児

 

リレーに盛り上がる年長さん。

ばら組対あやめ組の対戦は、静かに子どもの心を占領しつつある。

 

朝、対戦しようと盛り上がり、集まる子どもたち。

だが、女の子がいない、との声が聞かれる。

そんな視点もあるのね。

 

というわけで、S氏、登園してきたMちゃんを誘う。

 

「してくれよ!」

お、叫んどる。

 

Mちゃん、

「・・・・。」

 

「してくれないのか!」

ははは。

 

Mちゃんは、きっとなんのことかわかってない。

上に、お互いにそんな面識ありませんよね、

的に去る。

 

S氏はもとに戻っても、まだ叫んでいた。

 

「してくれよ! 

 してくれないのか!」

 

なんでしょう。

この感じ。

 

男の子と女の子のすてき。