園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2014.10.20

そこやったんですか・・・年中児

 

運動会が明けると、

子どもたちが展開する遊びで、運動会のどこが心に残っていたか、

そして、どこに憧れを持っていたのかがわかる。

 

今日、ドロケイをやっている年中児で

とても盛り上がっていたのは、ここだった。

 

 

がんばるぞー!!

おぉー!!

 

 

がんばるぞー!!

おぉー!!

 

 

なるほどね。

そこやったんですか。

 

ふふ。

もう、とてもがんばれん気持ちの園長先生には、

微笑ましく、頼もしく、響きました。

 

子どもはいいね。

 

子どものすてき。