園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2014.10.30

あさがおのたねで・・・年長児

 

藤棚の下でアサガオの種取りを始めると、

RくんとKちゃんが竹馬に乗ってやってきた。

「なにしゆうが?」

「んー、アサガオの種取り。」

 

二人は「知っちゅう。」

といって、ちょこっと種取りをし、

それから、「散歩行こう。」と二人で竹馬散歩に出かけていった。

帰ってきて、また、種取りをする。

 

「セメントんとこで、一回、降りた、」

などと竹馬散歩の成果を二人で話したりして、

また、出かける。

そして、戻ってきていうことに、

 

「おつまみ」

 

と種をとる。

 

わかるそれ。

遊びにも「おつまみ」があるのね。 

 

子どものすてき。