園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2014.11.10

お化け屋敷開演・・・みちこ通信

 

トイレの前でバタバタと音がする。

ん?何事かな・・・、

と、それはお化けごっこだった。

 

トイレでは、ちょっと差し障りがありますので、

机を2台縦に並べて置いてみる。

さっそく、Kちゃんが、

「暗くしよう!」

Mちゃんが、

「じゃあ、カーペットおいて!」

と準備をはじめる。

そこへ、Hくん、Mくんが来て、

「てつだっちゃおう~。」

と盛りあがる。

 

通路ができて、チケット作りが始まる。

看板もできて、Mちゃんが、

「順番に並んでください。」

と声をかけると、ぞくぞくと集まってきて、長い列ができた。

机の周りで、女の子たち5人が「わー」と驚かす。

 

そんななかでH氏が、

 

「まだ、まだ、ふつうぽいな~。」

 

と。

すると、Mちゃん。

 

「まだ、まだ、ばかり言ったら、時間がたって、できんきー。」

 

はは。

良く聞くよね、こういう会話。

このあとH氏は、新聞紙を丸めて床をたたき、

おばけ屋敷の効果音を編み出したのでした。

 

子どものすてき。