園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2015.02.10

ピカピカ ・・・みちこ通信

 

誕生会を終えて、司会当番だった3人が、

「今日は疲れた。」と言いながら帰ってきた。

少し、興奮気味に話をしている。

「誕生会、すごい頑張ってたもんね。」と声をかけると、

「うん、でも楽しかった。」

という答えが返ってきた。

 

そして、Mちゃんがこう言った。

 

「最初は、胸のところが電気みたいにピカピカして、

 ドキドキしたけど、だんだん楽しくなった。」

 

子どもにしか表せない言葉。

子どものすてき。