園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2015.03.20

あと何回・・・。   年長児

 

すばらしかった生活発表会。

本番でアドリブを利かせる子どもたちの姿を見て、

私の中の「子ども」が広がった。

子どもってすごい。

 

なかでも、すてきだったのが妖怪ウォッチのコマさん役をやったYくん。

思わず、代休明けに、

「おはようずら。」とあいさつする。

「おはようずら。」

とYくん。

「かっこよかったずら。」というと、

「ありがとうずら。」

と返してくれた。

 

うれしい。

 

で、つい、次の日も、

「おはようずら。」

と言ってしまう。

 

「おはようずら。」

と、律儀に返してくれるYくん。

 

「言っちゃったな~。」と思いながら階段を駆け下りる私の背中に、

こんなつぶやきが・・・。

 

「あと何回言えばいいんやろ。

 

ほんますみませんでした。

 付き合わされる子どものすてき。