園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2015.09.30

山姥のえさ場 ・・・年中児

 

子どもたちとお弁当を食べていると、

よく私が山姥であるという話になる。

 

夜になったら、食べに行きたいけど、

みんなのお家を知らないから残念だ、などと話をする。

 

するとA先生が、ほし組にはやまんばの餌場があるという。

なんと、片付けた積木の上にあがっていると、

窓からやまんばが手を伸ばして食べに来る.

 

 

「!」

なるほど、ほんなら、是非、夜食べに来るわ。」

というと、

 

「そんな夜中には、だれもいないっ!」

 

Rちゃんに言われました。

 

すみません・・・。

 

やまんばの恐怖をなぎ倒す一刀両断の名ゼリフ。

謝るしかない山姥。

Rちゃんのすてき。