園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2016.06.20

酸っぱいこと ・・・年中児

 

つき組さんに入った日。

今日は、初プールでめっちゃ楽しくハッスルしたから、

梅ジュースを飲むことになった。

ついでに、その梅も食べたい人はどうぞ、ということに。

それで、勢いよく手をあげたであろうHくんは、

ものすごく嫌そうな顔で、これを食べたくないという。

盛り上がりと実際の違いが目に浮かぶ。

 

「梅ジュースは甘いんだけど、梅は酸っぱいんだよね~。」

と私が言うと、

初めて知った!!というものすごく新鮮な表情をしてくれるHくん。

それで、「なんで梅は酸っぱいの?」と聞いてきた。

う。

詰まった私は、

「なんでだろうね~。」と返す。

すると、Hくんは、ニコッと笑って、

「酸っぱくなるからだね。」

といった。

 

酸っぱくなるから酸っぱい。

その通りだが、何か「骨折が折れた」みたいな気分になって、

心で笑った。

 

Hくんのすてき。