園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2016.07.29

あなたもいるの。 ・・・2歳児

 

明日、日帰り東京なもんで、

今日、アップしちゃうでござそうろう。

 

2歳のはと組に入った時のこと。

Nちゃんが、親指を見せて、「はがれた~。」と言ってくる。

見ると、爪が割れているところのカットバンが外れている。

「あら、やりなそうね。」といって、カットバンを貼り直す。

 

するとHちゃんが、「ここ、いたい~。」

と逆剥けの親指を見せてくる。

 

「あなたもいるの?」

というと、

うなづいて、「あなたもいるの。」

答える。

どうも、その響きがHちゃんは気に入ったのであろう。

 

「あなたもいるの。」

「うん。」

 

「あなたもいるの。」

「うん。」

 

「あなたもいるの。」

 

わかりました。

 

てなわけで、カットバンを取り出すと、

ものすごく嬉しそうだった。

子どもって、カットバン好きだよね~。

 

安心の消耗品だね。

2才のすてき。