園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2017.02.10

個性際立つごっこ遊び② ・・・年中児

 

さて、毒のきいたごっこ遊びなだけに、

化け猫は赤ちゃん猫に、とても辛くあたっていた。

赤ちゃん猫は、まるでシンデレラであった。

ピシッとたたかれたり、ごちそうをもらえなかったり。

 

だが、さすがに双子の姉妹であるから、

そうそう、シンデレラばかりでいられるかと、

最後は、ニャーニャーとひっかきあってケンカしていた。

ごっこ遊びを忘れてないところが、さすがだなと思った。

 

さて、ここのボス、もといお母さんのTちゃんは、

ごちそう作りに専念していたが、

そのうち、私に食事を運んでくれるようになった。

そのとき、「今、雪が降りゆうがね~。」といってから、

「はい、かき氷。」と出す、

という、実にポイズンなお母さんであった。

これこれこう、という状況設定を創り出せるところが、

彼女のボス所以であろう。

 

こうして、私は寒いお天気のなか、氷のクッキーやかき氷を

何杯もいただくことになった。

 

この後彼女は、あいまいだった私の存在について、

「まみこ先生、わたしらぁの友だちながね、

だから、家に泊まりに来るが。」

と設定を施し、私は、家に招き入れられることになった。

 

というわけで、私はこのごっこ遊びにどっぷり浸かってしまう羽目に、

相成ったのであった。

 

子どものリズムに乗って、

子どもが作り出す時の流れに身を任せて、

子どもと一緒に楽しかった、

ポイズンごっこ遊びでした。

 

子どものすてき。