園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2017.04.30

気が多くない? ・・・年長児

 

聞いた話。

 

Tちゃんに、ちょっかいを出して泣かすKくん。

そして、こうつぶやく。

 

「好きな子に、やってしまうがよね。」

 

なるほど。

よくありますわね。そういうこと。

しかし君、Yちゃんが好きやったときは、

静かに手を引いたりして、完璧なナイトやったよね。

 

そして、大好きなK先生には、静かに抱っこされて、

ひっかかんよね。

私には、跳び蹴りから、頭突きから、

バラエティ豊かにやってくれるのにね。

そして、K先生に後姿が似ているからと言って、

S先生が好きとか言ってますよね。

 

気が多くない?

男は男、女は女だね~。

君は間違いなく、もてる男になるであろう。

是非、嫁さんがどのタイプか、見せに来てくれたまえ。

 

子どものすてき。