園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2017.05.20

Don’t mind

 

Tくんが、楽しそうにお絵かきをしている。

彼は、出来上がった一枚の絵を私に見せながら、

いろんなお話をしてくれた。

いろんなものが、いろんなふうに描いてある。

 

これは、ヘビが出てきて、お昼寝してるが。

これは、黒曜石。黒曜石にしわがあるが。

それから、これはただの石。

 

それから・・・。

横に描いてある線と何か・・・を見て。

 

「これは、気にせんとってよ。」

 

うん。

 

子どものすてき。