園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2017.10.10

男前 ・・・年長児

 

リレーの練習にて、初めてばら組が2敗する。

そこで、クラスのみんなで話し合う。

 

なんで負けたと思う?

すると、悔しくて、

あやめ組に殴り掛かっていったRくんがこういった。

 

「俺が遅かったき。」

 

な、なんて男前な!!

 

練習となると、緊張で暴れ出す君だが、

芯のその男前ぶりにはほれぼれする。

はと組でも、小さな子に責任をもってかかわってくれる君。

 

そして、担任が尋ねる。

「みんな一生懸命走ったよね。

じゃぁ、なんでだろう。」

 

そこで、バトンの話になる。

そうだね、バトンが争点かな。

今回、かなり落としたね。

 

今まで全勝のばら組だったが、

それぞれのタイムはあやめの方が早い。

あやめは、コーナーの技術やトラックを走ることと、

全速力のタイミングが合ってなかった。

それが、みるみるトラックの走りに焦点を合わせてきている。

 

共に、気を抜かないで頑張れ。

運動会が楽しみで仕方がない。

 

というわけで、運動会が8日に、晴れ晴れと開催された。

行事を自分のものとする年長の姿、すべての競技に関心を示す年中、

自己を発揮する年少、そして、

例年になく泣いてわからんまま終わったけど、なんか一員やったねという2歳児。

もちろん課題はあるけれど、それでも成功を実感した我々だった。

 

子どもたちの頑張りに、温かく、力強く、

晴れやかな花を添え、導いてくださった保護者のみなさま、

心より、感謝申し上げます。

 

そして、Rくん。

かっこよかったね~、その走り。

軽やかで、スマートで、・・・ほんと、見惚れた。

もてるね、きっと君は。

 

運動会のすてき。

子どものすてき。