園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2022.06.30

園長ドウモトマミコって・・・ 年長児

 

朝の園庭の準備を、朝早く来たお友だちとつくる若草幼稚園。

時間になると、Gくんがテラスに座ってその姿を眺め始める。

 

「ちょっちょ、Gくん、そこで何してんの。」

「園長ドウモトマミコ。」

 

「ぶふっ。

なんか、勘違いしちゃあせん?

園長先生一番忙しいがで。」

 

Y先生、おりこう。

 

今度、職員室のトイレ掃除させちゃろう。

 

子どものすてき。