園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2016.08.20

子どもの学び ・・・2歳児

 

タライに水をためがてら、

ホースの水を上から垂らし続けると、

この落ちてくる水の束に、集まってくる2歳。

 

そして、掴もうとする。

掴めないね。

 

それから、水が落ちているところは、

泡がボクボクと出てるね。

手をかざすと、花火みたいに水の玉が飛び散るね。

その不思議に心が奪われると、

顔に水が散ることよりも、観ることが勝つね。

 

液体ってこんなんだね。

 

子どもの学び。