園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2017.08.20

Nちゃんのこころ ・・・2歳児

 

抱っこについて、断固拒否の数が多い彼女だが、

あるとき、彼女をふざけがてらに、

抱っこ風にすると、こちらに向かってくるエネルギーがあった。

 

そうか。

本当は、抱っこされて安心したいんだな。

 

と思った。

それは、「私に」ではなく、「安心」のためである。

 

そのときから、私はできるだけ、

彼女に触れたり、笑顔を向ける回数を増やすようにした。

相変わらず、距離感が難しいので、

やりすぎると拒否にあい、そのときには、さっと引く。

私も、また彼女がかわいいあまりに抱っこしたいわけである。

 

ある、雷がすごく鳴った日、

2歳児をからかいに、いや、心配で見に行った。

 

一学期、集中的に2歳児のクラスに入っていたこともあって、

私をある種の安全基地のように思う子が何人かおり、

年長児のように、軽く入って軽く抜けるが不可能であることを痛感した。

 

私は、SちゃんとNちゃんの攻撃的なかかわりを受けながら、

できるだけ二人に触れることを続けた。

そうして、Nちゃんは、私に抱っこされるのは嫌だが、

自分からもたれかかってくることは、よしとし始めた。

そのとき、彼女は指を吸っていた。

 

別のお母さんが、お迎えに二人来たとき、

とたんに寂しくなって、Sちゃんが私の膝に乗り、

そして、Nちゃんが膝に乗った。

私はNちゃんの髪をなで、お腹を抱いた。

 

そうして、なんだかんだして、

下のお部屋に移動する時間が来た。

亀さんを見ながら、下に降りる。

そのとき、私が去っていくのがわかったSちゃんは、

「タッチ」と言ってきた。

 

あ~、彼女も自分で切り替えをするんだな、

と思った。

 

そして、私が去ることに気づいたNちゃんの心に、

ブワンとした重りがかかって後を引いていることがわかった。

私は、彼女と無言でタッチしながら、

彼女を裏切ったような気持ちになり、それがいつまでも残った。

 

自分を律する態度の裏にある、寂しさ。

彼女は、いつもお母さんとお父さんの話をする。

幼稚園という場所は、彼女にとって仕事のような場所であり、

そこにしっかりと立つために、気持ちを切り替え、気を張っている。

しかし、子どもの勤務時間は、

大人より長い。

 

幸い、担任が親戚にとても似ているので、

無条件に親和性を感じている。

タイプとしても、合うタイプである。

せんせいは、唯一無二の保護者にはなれない。

その代わりに、異なる人々として、

多くの愛を注ぐことができる。

 

そして、我々は、あと3年以上の「毎日」という時間を持っている。

穏やかに、ゆっくりと、Nちゃんの安心をつくっていくことができる。

 

毎日のすてき。