園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2018.11.30

おばあちゃん先生の白髪

 

おばあちゃん先生の白髪が、

めっきり目立ってきた。

 

「ちょっとさ~、染めたら?」

「いいの、いいの。

 これがいいの。

 私は、これが、いいの。」

と、その白髪をかきあげる。

 

その昔、およそ20年以上前、

おばあちゃん先生の頭に見つけた一本の白髪をひょいと抜いたら、

めっちゃ怒られた。

 

「もう!

 何するが!

 毎日、鏡でこの白髪見て、頑張ろうって、思ってたのに!!」

 

とのことであった。

 

そうすか。

私しゃ、親切のつもりでしたよ。

 

てなわけで、おばあちゃん先生にとって白髪は、

とても大切な物らしい。

 

「私、めっちゃ染めてますけど。」

というと、

「あんたは、そら、せな・・・。」

というわけだった。

  

白髪のすてき。