園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2019.04.10

ばれてるやん 

 

朝、小学6年生の娘に「おまえ」と言われたお母さんと話をしていた。

園長的には、なんとなくめでたいことのように思えたが、

母親的には、毎日毎日「おまえ」呼ばわりなんて序の口。

という出来事に遭遇している身としては、

なんとも言えんものがあった。

 

そのお別れに、「また、お会いできますように。」

と笑顔を浮かべると、

「また。

 そんな型にはまった顔は見たくない。

 もっと、崩れた顔が見たい。」

 

と言われた。

 

そして、その数日後、

別のお母さんに、挨拶すると、

 

「あ、出た。

 営業スマイル。」

 

と言われた。

 

これはね、去年の後遺症です・・・。

今年は、全面改修工事もないし、

15年に一度の公開保育もないし、

50周年記念もないし、

出版もないし、

新人も保育者に無事になっているので、

大丈夫だと思います!

 

張り付いた顔は、

マッサージで戻します!

 

園長のすてき。