園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2020.07.10

カードゲーム

 

長らく手つかずだった場所を片付けると、

ちょっと珍しいカードゲームが出てきた。

どんなんか、やってみましょうよ、

ということで、先生たち4人でやってみた。

カードは4枚で1グループになっており、

その4枚を、相手の手札から集めていくというゲームである。

 

自分が欲しいカードを、名指しで指定して聞いていく。

例えば、「のぞみ先生、黄色(グループ)のバナナ下さい。」とか。

言われてそのカードがあった人は、必ず、出さなければならない。

 

これはつまり、順番に名指ししていけば、

誰が持ってるかわかるじゃん。

というわけで、私は、黄色のバナナをゲットするために、

順番に名前を呼んでいった。

 

「みつき先生、黄色のバナナ下さい。」

「ないです。」

 

ほほう。

 

次の回、

「あやか先生、黄色のバナナ下さい。」

「ないです。」

 

ふふ。

てことは、のぞみ先生やな。

 

「のぞみ先生。

黄色のバナナ下さい。」

「・・・、ありません!」

 

「なにっ。

そんなはずはない!!」

 

と自分のカードを見ると、

ちゃんと自分が持っていた。

 

2回損したやん。

 

アホなマミコのすてき。