園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2021.01.20

それは違うろ

 

さて、新人のあるクラスは、

ガラガラドンを題材に選んだ。

 

プリンセスと団子屋とヒーローが橋を渡る。

だが、平均台は危ないから、代わりにマットを敷くという。

 

それは、ありえん。

マットの橋なんて、そんなもんあるか。

というわけで、速攻却下する。

 

さて、プリンセスがやってきて、

橋を渡り、出てきたトロルに、

後からもっとおいしい団子屋が来るから、

通してと頼む。

すると、

トロルが、「かまんよ~。」

と言って通す、と言う。

 

かまんよ?

 

トロルがそんなこと言うか?

 

さらに、団子屋が来たときも、

「かまんよ~。」

と言って、通すという。

 

そんなわけあるか。

トロルは、「そんなら、とっとと消え失せろ!」

であろうが。

 

そんな呑気な表現をするから、

団子屋の見せ場を忘れる新人であった。

 

ドラマはドラマらしく、プレゼンしないとね。

新人のすてき。