園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2021.11.10

園選びのコツ

 

何をもって、子どもにとって初めての社会の場となる園を選ぶかについて、

今日は、私見を書かせて頂きたいと思います。

 

選ぶ基準の真ん中にあるのは、

「任せられる」である。

 

このポイントは、園の先生がプロ意識を持っているかどうか、

自分の職業に誇りを持っているかどうかで、

この意識が感じられる園は、任せられる園、

すなわち責任感のある園であろう。

 

そこで、見る視点。

 

先生同士が、だるーく遠目で子どもたちを見ながら立ち話をしていない。

先生が、溌剌と子どもと一緒に遊んでいる。

 

これは、外側から見てわかることかもしれません。

だいたい、何も考えてない人は、背中に緊張感がありません。

四方にいる子どもたちの様子にアンテナを張ってないからです。

子どもを分かりたいと思う身体は、ある種のハンサムな緊張感を持っています。

そして、子どもに生き生きと過ごしてほしいと本気で思っていれば、

その身体は、溌剌と動きます。

 

というわけで、保育者の身体、とくに背中にご注目。

きっと分かると思います。

 

せんせいのすてき。