園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2014.05.30

共に歩む

 

素敵な保育者の先生に会った。

その名もぶーびーさん。

 

ぶーびーさんの語りは、とてもおもしろくて、わくわくする。

 それは、例えばこんな感じ。

 

それは無理よ!からはじまって・・・。

 

え?

あら、そう?

・・・。

そんなこと言ったって!

でもね~。

いや、ムリムリムリムリ・・・。

 

はぁ・・・。

そうね、それもそうかも・・・・。

それじゃ、そうします?

 

みたいな、

「そりゃ無理よ!!」ってことが、

子どもと話しているうちに、「あらそう?」になり、

「そいじゃ・・・、」ってことになって、出来事が動いていく。

 

そうして、ぶーびーさんは、思いもかけないことに飛び込んでいき、

たくさんの物語を子どもたちと創ってきた。

 

見えない未来を共に歩む。

何が起こるかわからないものに乗っかって、

どきどきしながら歩む。

ただ全力で、ただ誠実に、

ただ心を寄せておもしろがって。

 

この豊かさ。

見習いたいな。