園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2014.09.30

せんせいが走る!

 

この秋。

子どもは走る!

めっちゃ走る。

 

だが、なかにはそれを苦手とする子どももいる。

 

だから、先生はいろんな風に走る。

盛り上げるために走りもすれば、やる気を支えるために走りもする。

 

今日は、えらく、先生が走ってるなぁ

って思ったら、それは、苦手な子がやる気になって走った日だった。

その子の心を、後ろから支えて走る。

 

(そういえば、前にそのつもりで後ろを走って、怖がられたことがあったな。

ははは。)

 

淋しくないように、

そして、せめぎ合いで、自然にスピードが出るように。

 

子どもの心を支えて、先生が走る。

 

せんせいのすてき。