園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2015.06.30

0発進

 

実習生にしてみれば、ドキドキの4週間が終わった。

保育の難しさがどんどんと身に染みてきて、

まったくわからなくなった。

心は、決定権を失って、漂う。

 

そこは、0地点。

 

でも、「わからないこと」は、少しも悪いことではない。

そこには、希望が潜んでいる。

 

自分のやり方では通じない世界があるとわかること、

それは、新しい世界への扉が開いているということだ。

 

私も実は今、0地点にいる。

さっぱりわかんない。

わかんないから、動けない。

気持だけは、すごくある。

 

きっと、物事は常に動いているのだから、

希望さえ失わなければ、

「わからない」が生んだ余地に、

新しい何かが入ってくるのだと、思っている。

それを、しっかり、抱きとめられるといいな。

 

0地点は、希望の地点。

 

せんせいのすてき。