園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2016.04.20

おばあちゃん曰く・・・

 

家で、おじいちゃんの誕生日は大好きな「餃子」ということになった。

その他、なんにしよう、しゅうまい?八宝菜?という話を母と妹としていた。

妹曰く、うちの下の息子が、

「僕は、しゅうまいがだいっきらいなんだよっ

 ていうがって~。」

「まぁぁ、えらそうに。」

「なんで、そんなにえらそうやろう。」

 

「あんたに似ただけよね。」

  「・・・。」

 

おばあちゃんのすてき。

  

 

追伸

 

そういえば、20年以上前であろうか。

子どもの主体性について、論文を書かなくてはいけないと、

母に話したことがあった。

 

すると、即座に、

「自分のこと書いたらえいやないの。」

といわれた。

 

おばあちゃんのすてき。