園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2017.04.30

好きな人

 

A先生とLくんの秘密の会話

 

「Lくん、誰のこと好きなの?」

「いわんいわん。」

 

「え~、教えてよ。」

「いやよ~。」

 「わかった。あてちゃおう。」

 

「あきこせんせいやろ。」

 

んな~!!ちがうわ~。

 あきこせんせいなんか、だいっきらい!」

 

「わかったわかった。

 じゃぁ、だれよ~。

 教えてよ~。」

 

「おしえちゃらん。」

 「よし。

 あてちゃおう。」

 

「あきこせんせいやろ。」

 

「んも~!!

 ちがうといいゆうろ~!!

 ばか~!」

 

あははは。

 

というわけで、二人の女子の名前を誰にも言わないという約束で、

教えてもらったA先生であった。

 

だからもちろん、私たちは知らない。

推測はしたが。

 

ちなみに、園長ドウモトマミコは、

大嫌いの部類に入っていた。

大嫌いな人には、頼るわね。

 

せんせいと子どものすてき。