園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2017.05.10

また会えたね

 

春がやってきたから、

「また、会えたね。」

という出来事が増えた。

 

子どもたちよりも一足先に、ヤドカリに会った。

ヒメナマコがどぶどぶといて、カニはまだぷにぷにと小さくて、

控えめなたたずまいのヒメアサリもたくさんいた。

何も考えずに、抜けるような美しい海で、

いろんなものに会ってきた。

 

ようちえんの庭では、

百日紅が美しい緑の葉を次々と出し始め、

セダムもかわいい黄色の花を咲かせようと待ち構えている。

もうすぐ、年長さんの稲も並ぶことだろう。

 

新しく、また会える。

それは、「待つ」こととあまり関係ない時間軸の世界。

来るときに、来る幸せ。

 

巡る季節のすてき。