園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2016.11.20

ときには、はっきりと

 

実際は、われわれの反省なのであるが、

このモザイク壁画的制作には、

小さめの実がよかった。

くぬぎどんぐりは、大きかった。

だから、あんまり量がたくさんいらなかった。

 

「ちょうちょ」を制作したグループは、

このくぬぎどんぐりを使いすぎて、

ジンマシンの「ちょうちょ」になった。

 

「ジンマシンみたいや。」

と園長が言っていたと伝えてもらう。

 

というわけで、ジンマシンを取ることになった。

子ども、ノリノリで

「ジンマシン取ろう~、

 あ、これも、ジンマシン。」

「いかん、これはぜったい取らんとって。」

(それは、こだわりの帽子つきくぬぎだった)

と、合計で30個ほどの、ジンマシンが取り除かれた。

 

そして、「ちょうちょ」は、無事治癒し、

線の役割をしていたくぬぎどんぐりの場所には、

イヌタデのドライフラワーが飾られ、

どんどんと色彩が豊かになっていき、クリムトの絵のような、

芸術的な「ちょうちょ」に変身したのであった。

 

子どものすてき。