園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

2017.08.30

子どもと保育者

 

子どもたちを眺める。

 

たくさんのドラマ、たくさんの表情。

たくさんの心持ちがつくっていく、

その身体に見惚れる。

 

あの子たちの遊びの分析もすれば、

そこの人間関係に思いを寄せ、

教材の問題や環境の構成にも視点は及ぶ。

 

それから、

 

あの子と会って、挨拶し、

あの子と会って、お弁当を食べ、

あの子と一緒に、楽しいおしゃべりをする。

 

外側から見て、子どもを理解し、

内側から共に過ごして、子どもを感じる。

感じる心が私を動かし、理解する心が道筋をつくる。

 

子どもと保育者が、共に在って世界をつくる。

幼稚園のすてき