園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

  •   最近私は、鬼滅の刃に、はまっている。 それで、朝、その話になった。 「僕はね、富岡さんが好きなが。」 「あぁ、多いね、富岡さんが好...……

  •   4月より、就職する新人の先生たちの研修が始まった。 これまで、ある学校におんぶに抱っこの就職状況だったが、 例年と違い、ここに就職した...……

  •   いつものことだが、だいたい生活発表会の本番で、 見違えるクラスがある。 それはつまり、見違える前があるということである。   ...……

  •   若草幼稚園は、運動コントロール能力の敏感期である幼児期に、 多様な動きの経験を積むため、 忍者試験と言うものを行っている。   ...……

  •   生活発表会に向かって歩む若草幼稚園。 最近は、年少さんでも悪役を選ぶ子がいる。 そういうわけで、Sくんはトロルになっている。  ...……

  •   年少さんの2組が劇の練習。 うさぎ組さんの劇を、りす組さんが見ている。   と、後ろの写真の注文に、 Tちゃんのお母さんとお父...……

  •   大分前に、「ごめんね」が言えない克服事件をお伝えしたが、 その後もここに記しておこう。   あれから、数日後のことである。 ...……

  •   子どもというのは、自分がすることの後先が、 考えられないものである。 というわけで、大縄を至近距離で振ってしまい、 二人の男の子に...……

  •   年末から年始にかけて、大掃除をした。 そのとき、幾人かの子どもたちも手伝ってくれた。   そこはトイレ横の倉庫で、ふと鏡を見る...……

  •   クリスマスイブ。 Mちゃんに、 「クリスマスプレゼント、何頼んだの?」 と尋ねると、 「鬼滅やったら、なんでもいいって、言った。...……