園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

  •   そして、本番。 Tくんは、実に前向きであった。 一度は「できん」と逃げた体操係も、全身を使って、 彼にとっての最高のパフォーマンス...……

  •   代わりに、6人ピラミッドの一番下の真ん中になったのはMくんだった。 彼は、かなりフニャフニャな人なのだが、 実は、すばらしい集中力、...……

  •   今日は、運動会だった。 素晴らしい子どもたちの姿だった。 コロナよ、ひとまず落ち着いてくれてよかった。 それなりに盛大な運動会だっ...……

  •   その次の日。 彼女は、前向きに荷物に取り組んだが、 途中で気を取られることがあり、 荷物をほっぽる。   「Sちゃん。 ま...……

  •   朝の荷物というものは、めんどくさいものである。 もっとダラダラしたいし、遊びたい。 「一日を始めます!」というエネルギーを生み出すの...……

  •   うさぎ組さんでお弁当を食べる。 机の片付けをしていると、 Sちゃんが半泣きで、 「Eちゃんが、遊んじゃらんて言うた~。」と訴えてきた...……

  •   意欲と言うのは、すごいものである。 放送原稿がまだ出来上がっていない間、 「あめんぼあかいなあいうえお」をやった。 アナウンサーは...……

  •   いよいよ、原稿も渡し、練習を始めた放送係。 「覚えた人、言えた人どうぞ。」 と言って、私は椅子に座って待つ。 覚え方や覚えるペース...……

  •   今年も、放送係の季節がやってきた。 ちょっと、年長の育ちを意識して、 自分たちで、分担を考えさせる。   練習の挨拶を担当す...……

  •   聞いた話。 2才のSくんが、おばあちゃん先生のお腹を触り、   「ねー、おばあちゃん先生、 この中に、何が入っちゅうが?」 &...……