園長ブログ

せんせいのすてき

若草幼稚園は最高の幼稚園。

なぜかというと、20代から70代まですべての世代にまたがって、先生がいるからです。

若さもすてき、年寄り最高。

幼稚園の先生と言えば、「子どもたちが帰ったら何してるんですか?」 、これが何十年も変わらない質問です。

これに対して、いつも、「う、」 と黙ってしまう私たち。だって、いっぱいありすぎて、一言では言えません。

子どもを心からかわいいと思い、踏ん張り頑張る先生たちのすてきを綴ってみます。

  •   いつまでも、生ぬるい返事をする下の息子に、 「ちょっと。 ちゃんと聞いてんの?」   というと、   「いや、すいま...……

  •   息子が東京に旅立つことになった。 それは、そんなに晴れ晴れしいことでもなかったから、 彼は、自転車で東京に行くことにした。   ...……

  •   本園では、就職して3年間は「新人」としている。 石の上にも3年。 一年一年、大きな飛躍を遂げている新人たちであるが、 「予想外」の出...……

  •   とうとう、今年最後のPTA役員会が開かれた。 若草幼稚園では、それを「定例会」と呼んでいる。   この一年は、コロナとの戦いで...……

  •   とうとう、問題のイノシシが捕獲された。 猟師の方々、森のおじちゃんが、奔走してくれた。 森のおじちゃんは、手製の檻を作って、 何時...……

  •   半ば餌付けされてしまった若いイノシシが、 呑気に昼間出てくるようになってしまい、 厳戒態勢をとっている若草幼稚園。   保護...……

  •   さて、別の新人のクラスのことである。 このクラスの劇では、 北風が、春風になるために、 雪女が奪ったダンスの棒を、 海賊に取り返...……

  •   さて、新人のあるクラスは、 ガラガラドンを題材に選んだ。   プリンセスと団子屋とヒーローが橋を渡る。 だが、平均台は危ない...……

  •   とうとう、生活発表会の季節になった。 今年は、残念ながら保護者の方に、 学年を通して、子どもの発達する姿をご覧頂けないが、 変わら...……

  •   分からないことをそのままにする。 というのが、今の若い人の特徴ではないだろうか。 自分のなかに、見通しや方向性が見つからないものにつ...……